沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > SWOT分析

M&A用語集

    SWOT分析

    SWOT分析とは、事業戦略やマーケティング計画の際に企業の分析を行うのに用いられる分析方法である。それぞれの頭文字をとっており、S(strengths)は自社の強み、W(weaknesses)は自社の弱み、O(opportunities)は機会、T(threats)は脅威の意味である。これらは内部的要因と外部的要因の2つに分類でき、対を成している。外部的要因なのは機会と脅威で、その市場における自分たちではどうにも変えることが出来ない要素から導き出すもので、例えば政治経済や人口問題、通貨や顧客のニーズなどになる。機会はチャンスがある部分で脅威は危険な要素ともいえる。内部的な要因なのは強みと弱みで、自社の持っている得意なことや他社よりも優れていること、培ってきた技術が生かせるかなどが強みで、弱みは他所よりも劣る苦手・不得手としている部分のことである。これらの分析を行い戦略を考えるのだが、M&Aの際には買手にとって弱みや脅威を補える形で成立できるのが望まれる。