沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > EBITDA

M&A用語集

    EBITDA

    EBITDAとは、利払前・税引前・償却前利益のことである。読み方は「イービットダー」などと読まれる。当期利益とは違い、税引きや利払いの前の本業が稼ぐ収益力を示す指標として利用される。この指標を求める計算式は、税引前利益±特別損益+支払利息+減価償却費となる。EBITDAは会計上の利益から償却費等の現金支出を伴わない費用を排除できるため、本業でどの程度のキャッシュフローがあるかという簡易的な指標としても利用される。2000年前後は重要な財務指標の1つとして広く利用されてきましたが、2002年のワールドコムの破綻で過剰な設備投資やM&Aによって生じた損失をマイナス要因として取り込めないという指標としての欠点が問題となった。