沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > DCF

M&A用語集

    DCF

    『DCF法(ディスカウンテッド・キャッシュフロー法)」』とは、インカムアプローチ(買収対象企業の利益やキャッシュフローといった収益性に着目した評価手法)を用いた評価手法の一種であり、日本語では「割引現在価値法」と言う。具体的には、事業計画を作成し割引率を決定してから、余剰利益をプラス及び有利子負債をマイナスとして、株式価値を算出するといった手順によって、「DCF法(ディスカウンテッド・キャッシュフロー法)」による企業の価値評価を行うものである。評価対象が将来獲得するであろうと予測されるフリーキャッシュフローを適切な割引率で、現在の価値に割り引いたものの合計で評価対象企業の価値を判断する手法である。理論的な評価方法ではあるが、将来の予測は困難なものであり、割引率の計算に必要な、各種の前提条件における数値に、絶対的に正しいと言える基準が存在しないため、算定結果が大きくぶれやすいという問題点がある。