沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 退職給付引当金

M&A用語集

    退職給付引当金

    退職給付引当金とは、従業員各人の将来の退職金受取見込額を算出して、これを一定の割引率で割り引いて、現在価値に戻したものを引当金として計上したものである。企業が確定給付型の退職金制度を採用している場合、退職給付債務に一定の調整をして、退職給付引当金が計上される。なお、法人税の計算上は、損金不算入となり、税額に影響することはない。一方、退職金共済制度等の金融機関や公的機関に掛け金を掛け、退職金を積み立てている確定拠出型退職給付制度を採用している企業の場合は、退職給付引当金の計上は不要となる。