沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 退職所得

M&A用語集

    退職所得

    退職所得とは、自身が退職するにあたり勤務先から支払われる所得のことである。社会保険制度などによって支給される一時金、生命保険会社や信託会社から受ける一時金も含まれる。中小企業では、オーナー社長がM&Aによって退任することが多く、その対価を株式譲渡代金と役員退職金との組み合わせで支給されることが多い。退職所得の計算方法は、収入金額から退職所得控除額を差し引いた金額の2分の1となるため、収入金額に対する税負担が少ない。退職所得控除額の計算方法は、勤続年数が20年以下の場合は「40万円×勤続年数」で求められ、もしその金額が80万円に満たない場合は、控除額を80万円とする。勤続年数が20年を超える場合は「800万円+70万円×(勤続年数ー20年)」で求められる。勤続年数が5年2か月であった場合、端数となる2か月は1年に切り上げられ、勤続年数は6年となり退職所得控除額は240万円となる。