沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 資産査定

M&A用語集

    資産査定

    資産査定とはM&Aが行われる際に、貸借対照表に計上されている資産・負債の実在性を確認し、基準日現在における価値を算定することです。

    大企業であれば会計監査が行われているので貸借対照表に計上されている資産・負債の実在性は確認されていますが、中小企業の貸借対照表は会計監査が行われていないため、実在しない資産・負債が計上されているケースも多く、また、貸借対照表に計上されている資産・負債が実在したとしても不動産のように時価と大きく乖離している場合もあります。

    資産査定は企業の財政状態を知るためには必要不可欠であり、M&Aの際の極めて重要なステップの1つです。