沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 買収監査(デューデリジェンス)

M&A用語集

    買収監査(デューデリジェンス)

    『買収監査(デューデリジェンス)』とは、M&Aの過程で、買収対象の企業の財務内容等の正確性や法的問題の有無等を確認することを目的に、税理士や公認会計士、弁護士等の専門家が当該企業の実態を把握するために行う、買い手側による調査のことである。具体的には、買収対象の企業の財務諸表や契約書などの資料を精査し、その内容の正確性や資産の実在性などを確認することである。デューデリジェンスには、財務的リスク及び税務上のリスクに関する情報を調査する「財務デューデリジェンス」や、買収対象企業が抱える法律上抱える債権債務や将来発生しそうな債権債務などの法務的リスクを調査する「法務デューデリジェンス」、買収対象企業の実態を探りM&Aを行う上でその目的に適合しているかを判断するため情報収集を行う「ビジネスデューデリジェンス」など、様々な種類の買収監査(デューデリジェンス)がある。