沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 財務DD

M&A用語集

    財務DD

    財務DDとは、M&Aの際に実施される、財務に関するデューデリジェンスである。企業価値としての実態純資産やビジネスリスクを測るための正常収益力の把握などが主な内容になる。買い手企業の依頼により、税理士や公認会計士等が実施することが多い。収益性分析、運転資本分析、設備投資分析、純有利子負債分析、簿外財務・偶発債務など、主に財務的な観点を中心にターゲット会社・事業の実態につき理解を深め、M&Aにかかわる諸リスクや課題を特定することが目的である。買い手企業は財務DDの結果をもとにターゲット会社の企業価値の算定や買収価格の決定、また買収後の課題を特定し、当該M&A案件の評価や投資意思決定を行う。M&Aの段階に応じて、予備調査としてのノンアクセスベースで実施されるノンアクセスDD、基本合意書締結後、ターゲット会社から提示された情報に基づいて行われるフルスコープDD、売買契約締結後事後的に買収価格の調整を行うクロージングDDなど、深度が異なるDDを実施することもある。