沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 親族外承継

M&A用語集

    親族外承継

    親族外承継とは、現在の経営者の子どもなどの血縁者や子どもの配偶者などの親族関係にあたる人物が後継者となる親族内承継の反対の言葉であり、血縁者や親族以外の人物が後継者になることを指す。子どもがいても事業を継ぎたがらない、あるいは後継者としての資質に欠けると現経営者が判断する場合は、会社を存続させるために要として働いてきた関係者に会社を譲渡し、新しい経営陣が会社を買収する形にするMBOや、M&Aのような企業の合併や買収の形をとる場合がある。会社そのものを守るために実力のある人物に任せられる、他の会社にM&Aという形で事業を継いでもらえる方が将来性や資金面で安心でる等が親族外承継のメリットとなる。現経営者の血縁者や親族以外の人物が後継者となる場合は社内や取引先の理解や同意が得られにくいこともあるが、納得してもらえるような候補者を選び、早目に関係者に周知して事業継承のための引継ぎを行うのも重要である。