沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 親族内承継

M&A用語集

    親族内承継

    親族内承継とは、現在の経営者の子どもなどの血縁や子どもの配偶者など親族関係にある人物が事業の後継者になることである。経営者の血縁者や親族が後を継ぐというのはよくみられることであり、従業員や取引先に納得してもらいやすく、同意を得やすいというメリットがある。経営者が立ちあげた愛着ある会社を血縁関係にある身内に継がせたいという思いは強く、それは子どもやその他の親族が継ぐことで希望が叶えられる。身内なら経営理念を理解してもらいやすく、今後会社をどうしたいかという願いも伝えやすい面もある。後継者を早期に決めておけば事業内容の引継ぎも時間をかけてじっくりと取り組むのも可能である。子供が数人いて後継者を誰にするか、後継者として実力があるか等で迷ったり、中小企業などでは親族が継ぎたがらない例もみられ、後継者がなかなか決まらないという場合もある。そういう場合は身内や親族以外を後継者とする親族外承継の形で会社を存続させる形をとる事例も増えてきている。