沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 表明保証

M&A用語集

    表明保証

    表明保証とは、M&A契約の締結やクロージングのときに、売主が買主に買収対象の企業に関して開示(表明)した情報の内容が、真実かつ正確であると確認して保証することである。株式譲渡契約書に条項として記述されることが多い。買収する際に買主は、事業内容や財政、債務などについて対象会社の調査を行うが、時間が限られていることもあって、すべての状況を把握するのは難しい。そこで開示された情報を元にして問題点の整理やリスクの計算などをし、取引内容を話し合う。そのため万一、売主が事実と異なる内容を買主に表明していた場合には条項違反となり、契約の解除や、買主が表明された内容によって受けた損失の賠償をしなければならなくなる。取引の前提になっている情報が間違っていた場合、買主は企業買収によって将来大きな損をする可能性があるが、それを予測することができない。そのような未来の損害を予防するという目的で、表明保証は行われる。