沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 組織再編税制

M&A用語集

    組織再編税制

    『組織再編税制』とは、M&Aの際に行われる様々な手法である、合併や会社分割・株式交換などの組織再編行為に関する税体系のことである。企業がM&A実施の為、合併・分割・現物出資・現物分配・株式交換・株式移転などの方法で資産が移転するときには、その移転資産の譲渡損益(株式交換及び株式移転の場合には時価評価損益)に課税するのが原則となっており、原則として時価での売買が行われたとして、譲渡損益に課税されるが、機動的な組織再編成を可能にするために、グループ内での組織再編成や、共同事業をするための組織再編成等、一定要件を満たすと適格組織再編に該当する場合には、簿価での譲渡となり、譲渡損益の繰延が認められる。