沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 第二会社方式

M&A用語集

    第二会社方式

    『第二会社方式』とは、会社分割手続や事業譲渡手続などの方法を利用して、経営危機に陥った企業の収益性のある事業部門を、新たに設立した他の会社事業者(第二会社)に承継させる一方で、これまでの存続会社(旧会社)に不採算部門を残して、特別清算等をすることにより、事業の維持・再建を図る方法である。具体的には、企業が経営危機に陥った際に、事業存続の為の第三者のスポンサー企業を、探し出すことができなかった場合に、自主再建・再生により事業の存続を図る場合に用いられる方法である。当該企業の親族や従業員などを、代表者に立てて新会社を設立し、事業の存続・維持に必要な資産や従業員・取引先を、新会社へ移行させ、債務を残された存続企業は、残った資産等を売却した後に、清算することになる。広義には、スポンサー企業が新会社を設立し、会社分割や事業譲渡などの方法を用いて、経営危機にある会社の事業を新会社に移す方法も含めて、「第二会社方式」と言う場合もある。