沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 秘密保持契約

M&A用語集

    秘密保持契約

    秘密保持契約とは、ある取引を行う際などに一般に開示されていない情報を入手した当事者がこの内容を無断で第三者に開示したり、目的以外の使用をしないように定めた契約である。M&Aにおいては、会社名を含むM&A行為そのものが非常に秘匿性が高い行為であるため、譲受企業、譲渡企業双方にとって秘密保持の徹底が重要であり、「M&Aは秘密保持に始まり秘密保持に終わる」とも言われている。通常はM&Aの検討開始前、もしくはデューデリジェンスの開始前に締結されることが多い。秘密保持契約を交わす前に開示された情報は秘密保持として保護されないため、締結の時期には注意が必要である。契約に期限を設ける場合も多いが、秘密保持自体には期限がないので、期限よりも受取書類の返還、廃棄について明示する方が合理的である。CA(Confidential Agreement)、NDA(Non-Disclosure Agreement)ともいう。