沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 私的再生

M&A用語集

    私的再生

    私的再生とは、裁判所が介入せずに当事者間の合意のみで事業の再生を行うことである。債権者が複数存在する場合は、各債権者と個別に交渉や示談を行っていくことになる。その際、債権者間の公平性に配慮しなければならない。裁判所を通して法的に再生処置を行う場合には経営が破綻したことが世間に広まってしまうため、事業の価値や対外的な信用を毀損し再生が難しくなる場合もあるが、私的再生は基本的には公表されないため、そういうリスクを減らすことができる。また、裁判所に依頼する際にかかる手続き費用等が必要ないので、経費の面においても優れているといえる。法的な枠組みに囚われずに済むため、返済方法等に関して債権者との相談によって決めることもできる。そのため、融通の利いた債務計画を立てられるケースが多い。様々な法的な手続きを省略できるため、比較的短期間で再建を行えるメリットもあるが、債権者が多い場合には話がまとまらずに結果的に法的再生に移行せざるを得ない場合もある。