沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 相続税

M&A用語集

    相続税

    個人が相続や遺贈により財産を取得した場合に課されるのが相続税です。相続財産の合計額が「基礎控除額」を超えた場合に、その超えた金額に対して相続税が課されます。

    「基礎控除額」は「3,000万円+600万円×法定相続人の数」で計算できます。お墓や仏壇、祭具などの「非課税財産」は相続税の対象となりませんが、生命保険金や死亡退職金はみなし相続財産として相続税の対象となります。

    相続税の申告は相続の開始があった事を知った日の翌日から10か月以内にする必要があり、申告は被相続人の住所地を管轄する税務署に行います。

    親族内で事業承継を行う場合には、相続税負担も考えた承継策が必要となります。