沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 相続税評価

M&A用語集

    相続税評価

    相続税評価とは相続税を算定する際の各資産の評価方法及び評価額のことである。相続税評価は相続税財産評価基本通達によって定められており、相続税の申告をする際には原則としてこれに則って相続税評価額を計算することとされている。相続税評価額はその資産の特性や使用状況等に応じて決定されるが、不動産や非上場株式等は時価とは乖離する場合もある。第三者間のM&Aでは不動産や株式の評価に相続税評価を使用することはほとんどないが、親族間での承継や企業内承継で贈与が関係する場合等は、相続税や贈与税が関係してくるため、相続税評価を知ることは非常に重要である。