沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 法務DD

M&A用語集

    法務DD

    法務DDとは、M&Aの際に実施される、法務に関するデューデリジェンスである。買い手企業の依頼により、弁護士が実施することが多い。M&Aにおいて、企業買収が成立したとしても、例えば、許認可の承継がそもそもできない、再度許認可の申請が必要だが時間がかかる、対象企業の事業が他社の知的財産権と抵触していて事業ができない、労働条件が労働法に合致していない、訴訟などによる損害賠償債務を負っていたなど事態が生じるなど様々な法的リスクが考えられる。そこで、対象会社について、法的な観点から問題となる事項を事前に調査し、そのリスクを把握しておくことが必要となる。調査の結果問題が見つかれば、当然、契約条項の追加、買収金額の減額、問題の程度によっては買収計画の撤回などの対応も必要となる。