沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 株式譲渡

M&A用語集

    株式譲渡

    「株式譲渡」とは会社の株主が他社に株式を譲渡することです。株式譲渡を行うことにより会社の株主すなわち所有者が変わります。

    株主は、取締役の選任、定款の変更、会社合併、会社分割といった重要な部分を決定できる議決権を有しており、株式譲渡は会社の経営に大きな影響を及ぼすことから、過半数以上の株式の譲渡は第三者への経営権の譲渡としての側面を持ちます。近年では第三者への事業承継の際に株式譲渡が行われることも増えています。

    株主が勝手に株式を譲渡及び売却できないように、株式の譲渡については、定款によって制限が定められていることがあります。株式の譲渡制限は、会社の機関構成等によってさまざまですが、多くの会社で株主総会や取締役会の承認を得るといった記載がみられます。また、株式譲渡時に注意すべき点として、無償で譲渡する場合です。株式は出資額ではなく時価が重要となり、時価と乖離した価格で譲渡すると、譲受する人または譲渡する人に贈与税が発生する可能性があります。