沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 株式譲渡所得

M&A用語集

    株式譲渡所得

    株式譲渡所得とは、個人が上場会社、非上場会社の株式等を売却した際に得た収益から株式取得価格や仲介会社への手数料などを差し引いた金額である。税率は20.315%(所得税及び復興特別所得税15.315%、住民税5%)の分離課税となる。相続や贈与により取得した場合は相続時の価格ではなく、被相続人の取得価格をそのまま引き継ぐことになるが、相続で取得した株式を相続税の申告期限の翌日以後3年が経過するまでに譲渡した際には、相続税額を取得費に加える特例が適用される。取引報告書の紛失などで取得価額が不明な場合、10年内の取引であれば証券会社の記録を参照できる。それでも不明な場合は、取得価額を証明できるような資料(預金通帳や振込票など)から取得価額を計算することが認められている。その資料もない場合には、上場株式の場合には名義書換日を取得日とみなし、当時の株価を調べることで取得価額を算出することができる。