沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 株式交換

M&A用語集

    株式交換

    株式交換とは、株式会社が他の株式会社等に、発行済株式を取得させることです。その結果、他の株式会社等の完全子会社となります。主に、会社の持株会社化や他事業所の買収が目的としてあげられます。簡易かつ迅速に企業再編が行え、簡単に完全親子会社関係が形成できるメリットがります。効力を発するのは、交換契約で定めた株式交換の日とされています。日本では平成11年の商法改正時に導入されました。

    株式交換契約の締結、事前開示、株主総会特別決議。会社債権者異議手続き、事後開示という手続きをする必要があります。

    対価としては親会社の株式だけでなく、他の会社の株式等でも良いとされています。

    株式移転とは違い、親会社を新設する必要はなく、他企業の買収のためにも使えます。また、親会社は合同会社でもよいとされています。

    会計に関しては、完全親会社でのみ仕訳が必要となり、借方は関係会社株式、貸方は資本金と資本準備金とその他資本剰余金となります。