沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 敵対的買収

M&A用語集

    敵対的買収

    敵対的買収とは、買収される側の企業の株主や経営陣、親会社などに、事前の同意を得ていないで半ば強引に企業を買収することである。敵対的TOBと呼ばれることもある。TOB(take-over bid)とは、株式公開買付けのことであり、株式の買取価格と期間などを明示して株式市場外で不特定多数の株主から株式を買い付けることを意味する。敵対的買収においては、ターゲットとされる企業の発行済株式の3分の1以上、または過半数の株式取得を目指して買収が行われる。発行済株式の3分の1以上の株式を取得すれば、株主総会において会社経営の根本にかかわる重大な事項についての拒否権が得られるからである。また、過半数以上の株式を取得すると、会社の経営権を掌握することができるからである。金商法では3分の1以上の株式を買収場合には、原則としてTOB(株式公開買い付け)によらなければならないとされている。