沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 持株会社

M&A用語集

    持株会社

    「持株会社」とは、他社の経営を支配する目的で株式を所有する会社のことです。法人として事業活動を行いながら他社の株式を持つ場合と、事業は行わず他社の経営権を持つことだけを目的とする場合のふたつの形があります。事業を行っていない場合は、株式の配当などを主な収益とします。社名に「ホールディングス」を入れる場合が多くあります。

    複数の企業をひとつの会社が統治するので、全体としての影響力が非常に大きくなると考えられ、以前は独占禁止法で禁止されていました。1997年に解禁されて現在では数百社にものぼります。

    巨大なグループ企業などでは、複数の事業部門をそれぞれ独立した会社とし、それらを統合する目的で持株会社を設立する場合もあります。各子会社は経営管理に労力を割くことなく事業活動に専念できます。また事業ごとに分かれているので責任の所在が明確になったり、再編が必要になったときに簡略化されるというメリットがあります。