沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 基本合意書

M&A用語集

    基本合意書

    基本合意書(略称はLOI、Letter of Intent)とは、本契約の前に当事者間で結ばれる仮合意書をさします。締約の主な目的は本契約に先立って当事者の双方に契約の意思があることを示し、交渉に伴う秘密保持義務や独占的交渉権、部分的合意内容を含むことで、契約当事者が他の第三者との契約を締結しないよう未然に防ぐためとされています。他にも契約に伴う譲渡対象範囲を盛り込んだり、契約当事者に買収監査の機会を与えることで本契約を円滑に行なう、といった目的も含まれています。

    基本的には企業間の合併や買収などの契約時に先立って行なわれます。そのため、当事者間の企業秘密と密接に関わることから、本契約前の基本合意書は法的拘束力を焦点にしばしば議論の対象となっています。一般的には一部の条項を除いて法的拘束力は持たない、とされていますが、契約当事者が合意後にも関わらず一方的に破棄した場合などに限り、損害補償などの罰則の対象となる可能性があります。