沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 吸収合併

M&A用語集

    吸収合併

    吸収合併とは、会社の合併の一形態です。合併とは、2つ以上の会社が合体して、1つの会社になることです。このとき、1つの会社だけが合併後も存続し、他の会社はすべて消滅してしまいます。合併後も存続していく会社のことを、会社法では、合併法人と呼んでいます。また、合併によって消えてなくなってしまう会社のことは、被合併法人と呼ばれます。日本で実際に行われている合併のほとんどが、このタイプの合併であり、新設合併は珍しいのが現状です。

    法律上、合併法人だけが存続して、被合併法人の権利義務の一切を引き継ぎます。被合併法人が負債を負っていた場合、債権者は権利義務を引き継いだ合併法人に請求することができます。

    吸収合併が行われるのには、いろいろな理由がありますが、市場への新規参入、市場のシェアを高めるためなどの目的が一般的であり後継者がいない企業を引き継ぐ際にも利用されることがあります。新しい市場に参入しようとするときに、既にその市場で実績のある企業と合併すれば、迅速に事業に参入できます。