沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 名義株

M&A用語集

    名義株

    名義株とは、株主名簿に記載されている人物と真実の株主が異なる場合の株式のことである。つまり、名義貸しが行われている株式である。この場合、名義人となっている人と、真実の株主との間ではお互いが承知の上で行ったことであり、当面は問題が生じない可能性が高い。しかし、名義株であろうとも株式名簿に記載されている人が株主としての権利を行使できることに変わりはない。従って、本来なら株主としての権利を行使し、利益を得られる筈であった真実の株主の権利と利益が損なわれる可能性も少なからずある。さらに、同族企業などでは誰がどれだけの株式を持つかが曖昧に済まされている場合があり、真実の株主が誰なのかが判然としないため、相続時に争いになる場合もある等の弊害もある。