沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 合併

M&A用語集

    合併

    合併とは幾つかの企業が合わさり、法的に一つの企業になることです。方式としては吸収と新設があります。吸収は一方の法人格だけを存続させ、他方の法人格を消滅させる方式です。消滅させる側の法人格の権利や義務は存続させる側の法人格に引き継がせることとなります。一方、新設は当事者となる企業の全ての法人格を消滅させ、新たな企業に権利や義務を引き継がせる方式です。実務上ではほとんどの事例で吸収という方式を採用しています。

    合併は、M&Aの手法の一種であり、M&Aの手法のうち結合力が最も強いものです。但し、いきなり行われることは少なく、手続きを迅速に行える株式譲渡をし、買い手企業の100%子会社化という手法を経て行われる事例が多数です。また、中小企業で行われるM&Aは株式譲渡の段階までにとどまることが殆どです。

    なお、「M&A」という用語は合併を意味する「Mergers」、買収を意味する「Acquisitions」の頭文字から成り立っています。