沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 友好的買収

M&A用語集

    友好的買収

    買収される会社の代表取締役などの経営陣が、取締役会などで同意している場合に行われる企業買収を、友好的買収と呼ばれる。信頼できる買収する側の会社に株式を持ってもらうことで、安定した経営ができることから、日本では大企業や中小企業同士の他、金融機関や投資会社主導でも多く行われている。目的としては、国内外の市場における競争力の強化、経営難に陥った企業の救済、後継者問題の解決、事業自体の将来性の不安解消が挙げられる。手法には、第三者割当増資、株式譲渡、新株引受、株式交換の他、営業譲渡、合併、会社分割などがあるが、一般的には買収する会社が筆頭株主になる株式譲渡が多く行われている。買収された会社にとっては、従業員の雇用が維持され、行なっていた事業も存続されることから、買収する会社が信頼できる取引先を子会社にする場合や、新規事業を計画しているが、そのノウハウがない場合に、その事業に詳しい会社を友好的買収によって系列の会社にするといった例がある。