沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 劣後ローン

M&A用語集

    劣後ローン

    劣後ローンとは、一般の債権よりも支払い順位が劣る融資の事である。一般的に融資をしていた企業が倒産をした場合は、まずは従業員に対する給与や租税債権の支払いが優先され、その後一般の債権の支払いとなる。通常の金融機関の融資の場合、ここに該当するが、それよりもさらに支払順位が後になるのが劣後ローンである。劣後ローンは一般の融資よりもリスクが高いため利子が高く設定されている。事業再生の場合に一般のローンを長期の劣後ローンに変換(DDS)できれば、元本の返済を長期化することができリスケジュール以上の効果をもたらす。劣後ローンは多額の資金を必要とするベンチャー企業や銀行の自己資本比率対策等で利用される場合もある。