沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 優先交渉権

M&A用語集

    優先交渉権

    優先交渉権とは、1つの売り手に対して複数の買い手がついた場合、それらの買い手側の取引条件などを比較検討し、売り手が買い手のうち1社あるいは少数の数社に対し、他の買い手よりも優先して売り手と交渉を行う権利のこと。M&A成立において、売り手と買い手ともに好条件で成立させるためには、ある程度取引条件が揃ったあとは少数の買い手に絞り調査や比較検討、綿密な交渉を行う必要があり、そのために用いられる。優先交渉権を与える前の売り手の比較・検討の基準には、公平性と透明性が求められるが、与えた後は秘密保持契約書などで交渉におけるお互いの守秘義務を明らかにして、排他的に交渉を進めるのが一般的である。買い手側も自社の優位を確認でき売り手と詳しい交渉ができ、また売り手側も独占交渉権と違い、1社に必ずしも絞り込むわけではないため、実行しやすく有意義な権利である。なお、優先交渉権が与えられたからといって、必ずしも売り手と契約ができるわけではない。