沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 偶発債務

M&A用語集

    偶発債務

    偶発債務とは、今のところ債務ではないが、一定の条件で将来的に債務になる可能性があるもののことである。手形の裏書譲渡や第三者に対する債務保証などがこれにあたる。偶発的に発生し、その金額を正確に予測できない。発生する可能性が高いものには引当金を計上する必要があるが税務基準で決算書を作成している場合には計上されていない場合が多い。会計基準における取り扱いは、将来的に事業の負担になるような偶発債務が存在する場合はその内容や金額を注記しなければならない。引当金として計上することも考えられるが、発生する可能性の低いものについては引当金として計上することができないとしている。