沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > 事業譲渡

M&A用語集

    事業譲渡

    「事業譲渡」とは、ある会社の一部の事業だけを別の会社に譲り渡すことです。金銭で事業を売買し、譲渡する内容を特定できるのが特徴です。似たようなものに「会社分割」という方法もありますが、こちらは金銭での売買ではなく、原則として株式のやりとりになります。どちらも表面上はひとつの事業が別会社に移ったように見えますが、内容は大きく異なります。

    会社法が制定される前の商法では「営業譲渡」という言葉が使われていましたが、現在は会社法上で違うものとして分けられています。内容はほぼ同じものです。

    会社の事業内容を見直したり、不採算部門を整理したり第三者への事業承継をしたりという目的で事業譲渡は行われますが、株主への影響が大きくなるので、決定には株主総会の特別決議が必要です。

    資産や負債も含めて譲り渡すことになるので、債権者へは個別に手続きを行わなければいけません。また事業は引き継ぎますが、従業員は自動的に引き継がないので、新たに雇用契約を締結する必要があります。