沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > ロングリスト

M&A用語集

    ロングリスト

    ロングリストとは、M&Aを検討している企業が始めに作成する合併・買収の対象となり得る企業リストのこと。通常、M&Aを行う際は、M&A支援会社などのアドバイスを得ながら進めていくことになるが、その第一ステップとして、候補企業の選定を行う。この際の、あまり厳しくない条件を満たした企業をリストにしたものがロングリストと呼ばれる。ただし、このリストに掲載されている企業全てにアプローチを取ることは数が多く難しいため、更に売り上げ規模や従業員数、店舗のカバーエリアなど、詳細な条件を設定して絞り込み、ショートリストと呼ばれるリストを作成する。このように、合併・買収企業の選定は、二段階のリストを作成することが一般的。買い手企業は、投資銀行などの支援を得て、ショートリスト掲載の企業に対して、初めは名前を明かさないよう接触する。好感を得られた企業に対しては、守秘義務契約を結んだ上で、情報を開示し、条件交渉を進めていくこととなる。