沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > ノンネーム情報

M&A用語集

    ノンネーム情報

    ノンネーム情報とは、企業の売却(買収)における情報のひとつである。企業売却を内密に行いたい場合、企業名など詳細は伏せて、業種や企業の規模(売り上げや従業員数など)など限定的な情報だけを載せたデータを作成して情報開示する。これがノンネーム情報である。「一枚もの」という呼び方もある。この情報を見て買収に興味を持った企業が現れた場合、秘密保持契約を結んで詳細な情報を開示し、具体的な売却(買収)の交渉が行われる。ノンネーム情報の作成にあたっては、どこまで企業情報を開示するかがポイントとなる。開示の範囲が狭ければ買い手の候補が現れない可能性があり、開示しすぎると企業が特定されてしまい、取引や株価などに悪影響が出るおそれもある。