沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > データルーム

M&A用語集

    データルーム

    「データルーム」とは企業の合併・買収(M&A)に関連する買収監査(デューデリジェンス)を実施するため、契約書・財務諸表の他、経営資源などの資料を収集した部屋のことをいう。対象となる会社・企業の会議室をはじめ、秘密保持のスタンスから組織外の会議室を借りて行われることがある。また、実際の会議室を借りるかわりに、ハイレベルなセキュリティ環境が整ったバーチャルデータルームがクラウド上に設けられ、デューデリジェンスを実施できるサービスがある。バーチャルデータルームは、会議室を特別に設けたり、沢山の資料を運んだりする必要が無く、買収側の企業がインターネットを通して資料の閲覧を行うことができるため、被買収側の企業へ与える不安についての心配も不要になる。セキュリティ環境が高度で警備人員などの人件費の削減にも繋がるなど、安全性の高い環境の下でデューデリジェンスが行えるサービスとして多くの企業からの需要が高まっている。