沖縄M&Aサポートトップページ > M&A用語集 > シナジー効果

M&A用語集

    シナジー効果

    シナジー効果とはM&Aの世界で説明すると、企業価値が単なる1+1=2になるのではなく、3にも4にもなって倍以上の効果を出すすなわち相乗効果を指す言葉である。シナジー効果の種類は、新規事業に対する過去の戦略や業務、管理の経験を統一するマネジメント・シナジーや、原材料の共同保管、企業間で類似した製品を扱っていた場合の研究成果の統合を意味する投資シナジー、原材料を一括して仕入れられたり必要な施設を共同で利用できる操業シナジー、販売促進活動を共に行う販売シナジー、様々なコスト削減に関連するコストシナジー等、様々である。事業承継を行う際に承継者が最も期待するものでもあり、例えば、今まで2つの会社が行っていた事業を統合して事業を行うことで、製品の売上増加や市場拡大、技術力の強化、社員のモチベーションの向上、コスト削減等のシナジー効果が考えられる。