沖縄M&Aサポートトップページ > M&A事例 > 中堅小売業の会社分割による再生

中堅小売業の会社分割による再生

  • 事例02
    バブル期に多額の負債を抱えた中堅企業について、会社分割による再生を行った。事業自体は黒字であったため金融機関と交渉し、担保価値の返済資金をスポンサーから調達し抵当権を解除。その後会社分割を行い、新会社にて現在営業中。従業員100人規模の雇用が守られ、地域住民の利便性も守られた。