沖縄M&Aサポートトップページ > ブログ

社長が思っていたよりも

2016-12-05 16:32:25

業界の動きを考えると今のままで単独で生き残るのは難しい、自分はどうなってもいいので大きな企業に承継してもらって従業員の雇用を確保して欲しい、そんな従業員思いの経営者の方が最近増えてきているように思います。

 

そういった経営者の方々は、高く売り抜けようという考えがあまりないので第三者による承継もスムーズに進む場合がほとんどです。

 

そしてこういう場合は、経営者が考えていた金額よりも高い金額で譲渡が成功するケースも多いです。

 

もちろん、経営者が築き上げた企業を適正価格で承継することは大切ですが、適正価格というのは相手もいることですので、経営者自身が決められるものでもありません。

 

本来、第三者による承継は事業を継続・発展させて従業員の雇用を守るというのが最大の趣旨ですので、そこを重視した方が、承継自体も金銭的にも満足な結果を得られるケースが多いようです。

 

05

 

事業承継・後継者問題でお悩みの方へ


今すぐお電話
098-943-3697