沖縄M&Aサポートトップページ > ブログ

株価評価

2017-07-06 21:18:24

一口に株価評価といっても、さまざまな算定方法があり、どの算定方法を採るかによって、計算結果も違います。

過去の経営成績に着目したコストアプローチ、他の類似株の取引価格に着目したマーケットアプローチ、将来の経営成績に着目したインカムアプローチ等々。

 

大手企業の評価ではインカムアプローチの代表格であるDCF法が採用されるケースが多いですが、中小企業のM&Aではコストアプローチの代表格である時価純資産法をベースに譲渡価格が決定されるとするケースが多くなっています。

 

fe9d93c78fb3d404f2b248b6bece81f5_s

 

 

 事業承継・後継者問題でお悩みの方へ


今すぐお電話
098-943-3697