沖縄M&Aサポートトップページ > ブログ

スピード感が合わない

2017-05-30 12:08:28

M&Aに関与していると、売手と買手のスピード感が合わないという経験をすることがよくあります。

売手が遅い場合もありますし、買手が遅い場合もあります。

今までの経験から言うと、買手が売手のスピード感に合わせられない場合は、無事にクロージングして引き継ぎが完了したとしても、承継後にうまくいかないケースが多いのではないかと思います。

なぜなら、売手の社長が育てた会社なので、社内全体も売手社長と同じスピード感になっている可能性が高いからです。

 

事業承継がうまくいく1つの要因として、買手が売手企業の文化を尊重していることが挙げられます。

そういう意味ではM&Aプロセスの中で買手が売手のスピード感に合わせられない場合は、引き継ぎ後に成果を上げるのは難しいのではないかと思います。

 

fc0827f351a1f069a316268a7650fc19_s

 

 事業承継・後継者問題でお悩みの方へ


今すぐお電話
098-943-3697