沖縄M&Aサポートトップページ > M&A事例 > 後継者不在の飲料メーカーの飲食店グループへの事業承継

M&A事例

後継者不在の飲料メーカーの飲食店グループへの事業承継

後継者不在で収益も年々低減しているオーナー経営者から飲食店グループへ株式譲渡による事業承継を行った。その結果、譲渡側ではオーナー経営者が負っていた銀行融資の連帯保証人の地位も引き継がれ、株式譲渡代金として引退後の資金も確保でき、ハッピーリタイアメントとなった。譲受側でも、飲食店で販売する飲料についての自社製造が可能となり、大幅なコスト削減となった。