沖縄M&Aサポートトップページ > ブログ

取引先と継続できない!?

2017-01-16 15:39:20

得意先や仕入先、家主との契約等の中には株主や社長が変更する場合には契約を見直すもしくは無効になるという条項が入っている場合があり、M&Aによる承継を考える際には、注意すべき項目です。

 

こういった項目があったとしても通常は取引を継続できるケースがほとんどですが、中には嫌がる人や認めない人もいます。

 

経済的に考えるのであれば継続した方が相手にとってもメリットの方が多いのにもかかわらずです。

 

特に主要な得意先や仕入先等、事業の中核をなす契約については、あらかじめ確認しておき、場合によっては事前に打診することも必要となります。

 

009

 

 

事業承継・後継者問題でお悩みの方へ


今すぐお電話
098-943-3697